<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

いわきへ

またまたいわき戸渡へ。
道路には雪が残っていて、富士見町より寒いのかと思いました。
でも、帰ってきて地面の凍り加減を見ると富士見町の勝ち。
東北でもいわきは太平洋に近いせいか、湿度があるために雪も降りますが内陸より随分暖かいみたいです。

先日富士見町から被災者向けの情報が封書で届いて、補償の無料相談とか仕事の相談のお知らせが入っていて、福島県からのお知らせも入ってました。
3月11日からこの手の情報は初めて。
福島からの情報は何かというと、これが住民税と県民税のお支払いが出来るようになりました、って。

富士見町の総務課の方が訳あり顔でやってきて、、被災者にトヨタカローラから義援金を、八ヶ岳グリーンネットワークからかわいい鉢物の花と植え込み鉢セットを持ってきてくれたのでした。
クリスマス間近で部屋に置くと花だけでもクリスマス気分。

同時に郵便がいわきから来ていて、何かと思ったら住民税の督促状でした。
後ろ髪引かれていわきを出てきて、きっと又帰れる日が来る等と思っていたけれど、このタイミングでこんな事があると諦めがつくってもんですね。
d0044191_19173053.jpg


頂き物にはうるっと来ましたが、いわきからの頂き物にも、ナイスタイミングで、、う〜ん悲しい。
[PR]
by y_yosuke | 2011-12-24 19:17 | お休みの日つれづれ

先週に続いて

またいわきに行ってきました。
実はその前に長瀞で短いレースがあって、それを楽しんだ後那須へ。
今回は実家の那須で父親の最後の法事23回忌でした。
母親と兄弟だけで、お経を上げた後、那須温泉の旅館でお風呂に入って早めの夕食でした。
かつて実家に帰るといつも誰かの子供がいたりして賑やかでしたが、もうみんな大きくなって親にはついてこない年頃になりました。
特に兄とは年が離れていたので共通の話題もなく、一緒に遊んだ記憶も無く、楽しくお食事をした記憶もなく、つまりあまり兄弟のようでは無かったのですが、たまにはこんな機会も良い物です。
いわきへ行ったのは家と工房に火災保険をかけてあったのですが、地震に対応してるとは知らず放って置いたのですが、別の用事で電話をしたときに対応してるというのを聞いて今日に至ったのですが。
ひずんだところや、傾いたサッシなんかも対象になるみたいで、ちょっとでも出ると嬉しいけど世の中そんなに甘くないと嫌と言うほど思い知らされてるので、宛てにはしません。
夕べ、パソコンで世話になっていて、毎週パンを一つ配達していたお家に地震の前の日以来行ってみました。
その時は見えなかった孫が一人増えて、賑やかで平和で楽しそう。
住んでいる団地の放射能マップがあって、それを見て嫁様の散歩コースを決めてるとか。
平和に見えてたけど頑張ってるのね。
[PR]
by y_yosuke | 2011-12-15 01:18 | うれし、悲し

那須のお別荘

震災後那須に避難して二週間位の内に空き別荘を提供してくれる持ち主の方がいて、秋までずっと使っていたのですが、長野が決まっていつまでも借りているのも申し訳なく、きれいにお掃除してお返ししました。
今回はそのためだけに那須へとんぼ返り。

半年以上暮らした別荘地は毎朝走っていたこともあって、馴染んでしまって愛着が湧いてしまった。
すれ違う散歩の方たちを交わした挨拶や、管理事務所のおじさんや、毎朝吠えてくるわんこ。

持ち主に長野に決まったと告げるととっても喜んでくれて、是非今度そちらに遊びに行きたいと言ってくれました。
季節の良いときに無償で貸してくれたんだから本当に善意だけの方たちで、良い形でお返しできると良いんだけど。
話してる内に、ポポーが大好きというのがわかって、実家によって冷凍してある果実を食べてもらいました。冷凍してのは独特の臭いが薄まって、美味しいもんだねー。
[PR]
by y_yosuke | 2011-12-07 01:18 | うれし、悲し

さむい、、

昨日は突然冷たい風が吹き付け、夕べの内に雪が降った。
朝には雨に変わって氷はしなかったけど。
取りあえず、冬タイヤに交換しました。
これでいつ道路が凍っても大丈夫、、と思うが、
この辺りの冷え方は半端でないらしく、かちんこちんにぴかぴかに凍るらしい。
ダイヤモンドダストみたいな、、かな。
[PR]
by y_yosuke | 2011-12-02 19:20 | うれし、悲し

お家げっと、、

ようやく、安心して住めるところが確保できました。
応援して下さった皆さんのおかげで、良い方向へ向かっているようです。
まだまださまよってる友人が大勢居る中、定住できるところが見つかって、本日持ち主の方から引き渡しとなりました。
畑と田んぼと小さいけれど、きれいに使っていたお家があります。
道路の近くで,今までのような山の中では無くて、結構便利な所です。
高速のインターまで10分くらい。町の中心まで10分くらい。
大きな病院もスーパーも二軒。マツキヨも本日オープン。必要かもしれない物を前もって買わなくても、足りないと思ったときに買いに行っても間に合うような所。
残念ながら、みれっとの仕事をするための工房がまだ無いので、収入源は閉ざされたままですが。
地元の農業委員の方のご協力で、運良く今に至った次第です。
持ち主は富士見町出身で横浜在住。家の管理を怠らず、兄弟でかわりばんこに草刈りや掃除など管理に来ていたようで、僕らに引き渡して肩の荷が下りたと喜んでいただけました。
畑も田んぼも荒れていましたが、福島で開墾したことを思えば、もともと整備された所なのですぐに元に戻るでしょう。
来年が楽しみになって来ました。
今月中に工房を着工したいのですが、今だ目処が立っていません。
そろそろやばくなって来ました。
なんとか二月には再開したいのですが、、どうなる事やら。
ほっとしてられないかも
[PR]
by y_yosuke | 2011-12-01 22:52 | お休みの日つれづれ