<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

30キロ

いわきは大丈夫、、と、いわき市長がNHKで言ったもんだから、震災直後の支援物資が来なかった、、のかどうだか解らないけど、その後ぴったり表に出なくなってしまった。
まさか、ホントに運んできた物資がいわき直前でUターンして帰ってしまったなんて、うそだろう、、と思っていたが、ホントだったようですね。
燃料もいわきは放射能で汚染されてるからと、来るのを拒んだために、物資を運んできたトラックが帰りの燃料が確保できないと言って来なかったと。
市長が、大丈夫と言ったもんだから、物資に不自由してませんと取られて、他の災害地へ運ばれてしまった、と思った。
それにしても、とにかくいわきは安全、避難地域は有りませんとテレビで言ってるのを聞いて、あれ〜、僕のお家はいわきじゃないんだ、、または、30キロ圏内だけど特別扱いで安全な30キロ圏内なんだ、、と思ってみた。
いわき市からの電話で、どういう事なのか聞いてみたが、「お気の毒です」などとはっきり言われてしまって、目が点。
そりゃあ、小さな集落はお荷物でしょうけど、「おきのどく」は無いと思う。

何がお気の毒か良くわからないが、義援金や、仮払金の事だろうか。
それとも被災したことに対して、お気の毒と言ったのだろうか。

よく考えてみると、義援金は県や国から仮払金は東電からもらえる物で、いわき市は窓口になってるだけなんだろうから、「お気の毒」とは言われたくないですね。

もらえるにしてももらえないにしても、何だかいまだに被災者気分ではないので、「お気の毒」と言われるほど不幸な気はしない。

こないだ3月から4月に変わって、銀行やら郵便局やらの引き落としがあった。保険とか、携帯代とか電気料にクレジットカードに引き落とし。いつも入金から差し引かれてるので気にしないでいたら、すっかり足りなくなっていて、なんでだろうと思う間もなく働いてなかったと実感しました。

働かなければ入ってこない、って当たり前だけど。
何十年も休まず働いていたせいで、お金にはあまり会わないけれど、生ぬるい生活を送っていたんだなーとちょっと反省。
これからは「足りなくなったら働く」にシフトして行こうかとも思ってしまった。

突然のお休みにも関わらずお見舞いや励ましのお便りを沢山もらってしまって、ありがたいことです。
津波で流されたり家が潰れたりしなくて、恐い目にはあわなかったので、申し訳ない気持です。
早く働かないとだらだらと無駄に生きてしまいそうです。

こないだ荷物整理に戸渡に帰ったときに、20年かけて集めたデカイが取り柄のスピーカーから音を出して見ました。
半径10キロに人がいないんだから、おかしな気分。どんなに大きな音を出しても外に出れば、丁度いい大きさの音に聞こえる。家の中は震度4位には揺れてるかも。

外でデカイ音だと思うと言うことはもう既に、アンプのそばには寄れない危険な状態か。
外では快適でも、中では崩壊寸前の。これはまるで原発のような、、
何だか悲しくなってきて、隣村の友人のお家へ鰹のたたきをおみやげに、おしゃべりに行ってきましたが、行き交う車もなくて、帰りも家の明かりが消えたまま。
街灯だけが道路に沿ってついている不思議な光景でした。
[PR]
by y_yosuke | 2011-04-20 22:51 | お休みの日つれづれ | Comments(5)

不動産や

那須地元の不動産屋さんへ行ってみました。
避難所にいた避難場所を斡旋してくれるブースにいた方でした。

那須は観光客が半端無く多いので、土地の値段はどんなに安くても1万円以下にはならないんだそうだ。
原発のおかげで、日光の高級ホテルのお客がほとんどいなくなってると言うのに、事故があって後どうなるか解ってるだろうに。

那須に引っ越すと決めた訳じゃないけど、情報をいろいろ仕入れておかないとね。
運が良ければ良いところがあるかもしれないし。

取引先のお客さんも、山梨や群馬、千葉や京都広島などいろいろ情報をくれるので、ありがたいことです。
一刻も早く再開したいところですが、先立つものや、今まで住んでいたところの様子も気になるし。
結局何も発展のない一ヶ月でした。

戸渡を離れて、実家に二週間ほど滞在したけど、避難場所として使わない別荘を無償で貸してくれると言う情報があり、今は小さな別荘暮らし。
標高も今までいたところと同じ位で寒い感じが懐かしい。
けど、避難して寒い思いはしたくない。
収入が途絶えてしまったので、経費はかけたくないし。

これだけ地震が続くと全国どこへ行っても変わらないだろうから、とにかく水のきれいなところを探そう。

先月の携帯代が二台で3万円を越えてしまた。
固定電話を入れようかと思ったが、それにネットもADSLを入れないと。
今はモバイルWIFIでまかなってるけど、
[PR]
by y_yosuke | 2011-04-12 23:12 | うれし、悲し | Comments(0)

一時帰宅

ちょっと落ち着いてると思って、荷物の整理に帰ってきました。
3泊3日で、ちょっとゆっくり。
初めの二晩は湯本のエコホテルに泊まりました。一人2500円でセルフサービスのホテル。
今回は北海道の兄の知り合いから借りた線量計を持って行きました。

いわきは0.3~0.5。戸渡にあがると部屋の中で0.5~0.6。外は1~1.25位。
お天気とか風向きで変わるだろうな。
那須にいるのとほとんど変わらないけど、何となく息苦しいような。暑苦しいような。
一晩泊まって初日はトラクターや、田植機など大物を町に住む農家の友人宅に預けてきました。
二日目は地震で散らかった家の中を片付けて、必要な物を箱に詰めて。
夕方郡山の友人夫婦が陣中見舞いに、デパートの豪華なお弁当持参で来てくれて、立地に晩餐させてもらいました。
一晩お家に泊まって、これが最後になるかも、、などと思いながら朝を迎え、結局軽トラックとワゴン車二台に満載の荷物を持ち帰り、実家の家の中に詰め込み、、
なんだかホントにここを出るのかまだ半信半疑だけど、先の見通しも立たないけど諦めもつくかもと思いながら。
d0044191_18522416.jpg

[PR]
by y_yosuke | 2011-04-11 18:52 | うれし、悲し | Comments(2)