<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

稲こき,大豆こき

昨日は会津の雪が戸渡に吹きかけとても寒い日でした。このまま雪が積もるかと思う程。
今日は風は多少冷たいものの小春日和でいい日でした。
この春から近所に住み始めた今夫妻が今日の脱穀を手伝ってくれました。
おかげで無事終了。黒米の脱穀はこの夏に麦刈り用に購入したコンバインで。籾つきで80キロくらいかな。籾擦りしたら何キロになるか。でもたらふく黒米餅を食べられそうです。
大豆の脱穀は、さんざん考えたあげく、ビーンスレッシャーを中古で先週購入。
今朝福井から陸送で到着。なんとか間に合って良かった良かった。60キロくらいの収量でした。機械代を回収できるのは何時の日か。
みそが200キロ以上出来れば、キロ500円で売って、10万円だよ。
納豆も良いね。奥様が豆腐を作ろうと何度も挑戦していたが、なかなか上手にできないようなのです。またやるんでしょうか。

稲も大豆も合鴨もなくなった田んぼはちょっと寂しげでした。

d0044191_18323991.jpg

d0044191_1833516.jpg

d0044191_18344239.jpg


明日はたかきびとアマランス脱穀して今年の穀物の収穫は終了かな。
[PR]
by y_yosuke | 2007-11-23 18:42 | 畑仕事つれづれ

あいかもが

いつも田んぼで僕を待っていてくれた合鴨がいなくなっちまった。
日曜日にはいたのに。
月曜日は見に行けず、火曜日に行ってみると誰も返事をしてこない。
鷹だか鷲だかが空をくるくる舞っていたので空から襲撃されたのかもしれない。
羽があちこちに残っていた。
狐かもしれない。
来年も一緒に草取りがんばろうねと言っていたのに。
4羽全部やられるとは。
今年二度目の悲しい出来事でした。
[PR]
by y_yosuke | 2007-11-21 20:32 | 畑仕事つれづれ

里芋、山芋

今朝はぐっと冷え込んだようで、畑に行ったら里芋の葉っぱが見えない。
よし子おばちゃんがズイキが欲しいと木曜日に取りに来てたが全部持って行ってくれたんだろうか、と思って近づくと霜で力つきて倒れていたのでした。
茎を鎌で刈ると芯にたまった水滴が凍っていた。
ずいぶん冷えたようだ。
里芋はずいぶん立派に育って豊作だな。
山芋は蔓の割には小さい。肥料が足りなかったんだね。
植えた種の倍にもなってないかも。
あきらめていたごぼうがよく出来ていて太さが5センチくらい。長さも40センチくらいあってまるで大根のようだった。
夜きんぴらにしたら柔らかくてスジも無く美味しかった。
白菜と大根が寂しいんだよな今年は。
[PR]
by y_yosuke | 2007-11-17 22:18 | 畑仕事つれづれ

当日の記録

壊れた箇所が時間とともに特定されて来た。
右のかかとと、アキレス腱。左のふくらはぎ。
いつも痛くなってた左の膝は何ともなかった。負荷が左足かばって全部右足にかかったんだね。
やっと歩けるようになったがまだよたよたで時々こけそうになるも、この程度で済んだのは、日頃の鍛錬のおかげ。ってことは無いか。
とにかくこの程度ですんで良かった良かった。来月の2日に向けて治しておかなくては。練習する間は無いかも。
先週は、月曜火曜と葬式があり、みれっとの仕事は押せ押せでやっつけ、木曜の荷造りは奥さんが会議で出られず一人でやり、配達の後そのまま那須へ直行。
金曜日は那須の母親の病院の付き添い。土曜日昼過ぎまで那須にいて買い物したり温泉行ったり。それからそれから4時間以上かかって水戸の内原まで高速と山道飛ばし、巨大なイオンでバイトしてる息子を拾って、飯食いがてらスーパー銭湯へ。11時には床についたが慌ただしくって寝付かれず悶々と朝を迎え、7時前に息子に起され、信号を気にしない息子の運転で高速の入り口を大きく通り過ぎ、30分遅れでようやく会場に着いたのが受付終了30分前。
走り始めたと同時に土砂降りになり、拓未とさんちゃんの後を暫く追いかけたが早すぎてあきらめたものの、結構早いペースで5キロまではキロ5分20秒くらい。
そのまま10キロ地点までは快調で、このままいくと、自己新記録かもなどと思いながらの余裕はここまで。
ここから15キロまでの間に右のかかとが痛くなり、キロ5分後半から6分へ。
15キロから後はべたべたとキロ6分台へ。最後2キロになるともう歩いてるのかと思う程でキロ7分。どう見ても早歩きしているようなおばちゃんにどうしても追いつかないばかりか、小さくなってゆき、後から後から抜かれても、何ともならんもんだ。
ゴールして止まると同時に前にも後ろにも動けなくなり、笑って立ってるしか無い有様でした。
沿道のおばちゃんや子供たちの応援に救われたぜ。
贅沢な道楽をさせて頂きました。
[PR]
by y_yosuke | 2007-11-13 19:46 | 走る

ハーフマラソン600人中363位

茨城県の坂東市でいわい将門ハーフマラソン大会が今日あった。
完走したぜ。2時間00分31秒。残念ながら31秒多かった。
スタートと同時に雨が土砂降りになるも、誰も立ち止まらず黙々と足音だけが聞こえるのものね。
d0044191_20461333.jpg

d0044191_20464147.jpg

d0044191_204768.jpg

まあ走れただけいいか。
息子を強制的に同行させた。走った後が心配だったし、一人では寂しい。
学校の友達のさんちゃんも一緒に参加。
二人ともあっという間にパパを置いて行ってしまった。
彼は4月から走ってるそうで、1時間36分。
息子のタクミは1時間47分32秒。
32歳の年の差があるのに、13分遅れって検討したよね。僕。
大会の直前2週間仕事が忙しかったり、膝が痛かったりで全く動いていなかったせいかどうかわからないが、ゴールした後は、立ってるのがやっとで足を踏み出すと膝がぐらぐらで立ったまま呆然。そばにいる息子の肩を借りたのは言うまでもない。
何せ10キロ以上走ったこと無いもんね。戸渡で10キロ走ったのは一度だけだし。
いやいや恥ずかしい限り。練習してないで。
足、壊れたみたい。明日の仕事どうなるだろうか。
帰りは高速で200キロの距離を三時間くらいでで走って帰って来たが、21キロを二時間かけて走ったことを思うと、何とも感慨深い。
実のある一日でした。
ちなみにお土産はレタスでした。
明日から暫くはつけを払います。
実は12月初めの相馬野馬追マラソンにもエントリーしてたりして。
それまでに復活なるか。ちょっと、、、だいぶ、あぶない。
d0044191_21174432.jpg

[PR]
by y_yosuke | 2007-11-11 21:13 | 走る

麦畑種まき

戸渡に来たときに空き家を貸してくれた方が亡くなったのが、10月31日水曜日。
25年くらい前に始めて会ったときには、僕とほぼ同年齢の息子より若く見えるほど若々しく働いていた。ついこないだまでやっぱり、息子より若いんじゃないかと思う程。
単に息子が大酒飲みで、むくんで老けて見えてただけかもしれないけど。
急に癌が見つかって何ヶ月もしないうちに帰らぬ人に。
いつの間にか,75歳を過ぎていたんだね。
回りには癌で亡くなる人が多くて。
とにかく、畑仕事が追いつかなくって、白菜も大根もこの冬は食べられそうもない。
なんでこんなことになったのか。
悲しいことばかり。
とばかりも言っていられない。
夏にそばを蒔いた2反分の小麦畑に、朝から鶏糞を軽トラック2.5台入れて散らし、そばごとトラクターで耕耘。
すぐ麦の種を25キロばらまいてもう一度トラクターで表面をかき混ぜているうちに日がとっぷり暮れて,真っ暗の中ヘッドライトをたよりに終了。
これで来年も小麦がたんと取れる、、はず。
月曜火曜が通夜告別式なんで明日日曜日はお菓子作りの仕事。でも稲刈りがまだ済んでないので、午後から稲刈り。
今夜は星がいっぱい出ていて冷え込みそう。明日の朝は霜がしっかり降るかも。
籾、落ちないだろうか。
心配してもはじまらない、成り行き任せの日曜百姓。あー忙しい。
[PR]
by y_yosuke | 2007-11-03 22:44 | 畑仕事つれづれ