高きびの種まき

休耕している田圃を借りて、高きびの種をまきました。
milletの名の由来は、雑穀という意味があってつけたのでした。
雑穀農場を夢見て始めたみれっとファームなのにちっとも畑が主体にならず、ひたすら仕入れた材料でお菓子やパンを作り続け早15年(くらい)。
でも実は毎年雑穀の種は播いていたのでした。
麦はもとより、高きび、もちきび、あわ、アマランサスなど地道な私は、種を絶やすことなく15年。とは行かず、せっかく収穫しても干している間にカビが生えたり芽が出たりで、何度も種を探す羽目になっています。
今回播いた畑は約一反五畝450坪くらい。
五年前くらいに一度三反くらいの休耕田を同じ人から借りて、草ぼうぼうで収穫できず忙しい思いだけして返したことがあり、懲りずに今回又借りに行ったのです。快く貸してくれた地元のおやじさんに感謝です。
ずっと町に暮らしていて、たまにこの集落にあるうちに帰ってくるだけの農協の職員だったんですが、今年限りで定年前にや退職して百姓で食べてゆくために、去年からアスパラガスを二反くらい作り始めました。六〇〇坪のアスパラ畑は見事なものでさすが生まれたときからのお百姓さんは違うものです。
ひと夏収穫するところを想像すると、未熟な私は、考えただけで腰が痛くなってしまいます。
今日播いた高きびも隣のアスパラも、この地域はイノシシが大きな顔して歩き回るところなので、荒らされずに収穫できるでしょうか。
イノシシさん、見逃して!
[PR]
by y_yosuke | 2005-05-14 23:39 | 畑仕事つれづれ | Comments(0)
<< またまた・・いてて みれっとの百姓日記 >>