安達太良山50K

OSJ安達太良山50K参加。先週の110Kにつづき疲れの取れてないまま過酷なレースでした。
前日岳温泉に入り、コンビニで食料調達、体育館で競技説明とウエルカムパーティー。
奥だけ登山口に移動して、車中泊。
スタート前に、猪苗代のココペリさん、東京の角さん、大井さんカップルに会って、コースの厳しさを話しつつ、6時半スタート。
真っ直ぐ安達太良山頂上へ向かい、乳首には上がらず和尚山へ向かう。
笹が酷い上、灌木もかぶっていて道は見えないし、帽子は引っかかる。でも走らないと他の人の邪魔になるし。

下りきったところに水だけのエイドステーション「銚子の滝駐車場」。
船明神岳に登り返して、沼尻登山口へ。
またまた登り返して温泉の源泉沿いに登り鉄山へ。源泉の川では年配の夫婦が浸かっていて、思わず声をかけると一緒に入っていきなと言われる。ここで辞めたい気持を抑えて急坂と行くと、胎内岩。パックを先に送りくぐって進む狭い岩穴。
間もなく鉄山を過ぎ、箕輪山の急登。第二エイドを既に回ってきた速いランナーとすれ違う。
横向き温泉に下り、再び別のコースで箕輪山への急登。先ほどのすれ違いコースではもう誰も登ってこなかった。
第二関門「塩沢温泉登山口」についたのは夕方4時頃。ここからはどんどん暗くなり、足の力も尽きて、ゆっくりの登り返し。
最後に元気を付けようとショッツ一口飲もうとしたがあえなく吐いてしまった。
何度も川を渡っていくと、いきなり細い林道に出て、スタッフの肩が二〜三人。
最後の登りを歩き終えて後は4キロの林道下り。なんとか走りきって、11時間55分

一つの山を5カ所から登り返す44キロと言いながら50キロの過酷なレースでした。
でも一日ピーカンの晴れで、景色抜群。
空気もひんやり澄んでいて気持ちの良い一日でした。

岳温泉の、欅荘の露天風呂で汗を流して、帰路につきました。
勿論、仕事場によって、翌日の仕込みもしました。
d0044191_919477.jpg
d0044191_9212248.jpg
d0044191_922249.jpg


一日で全コースを堪能できました。安達太良山はいい山だ。今度はゆっくり歩いて行きたい。
[PR]
by y_yosuke | 2010-09-26 08:43 | 走る | Comments(2)
Commented by 山彦 at 2010-11-25 08:54 x
その日、私も源泉に入って見物しておりました・・・「よーやるのー」
Commented by y_yosuke at 2010-12-12 08:46
へー、お湯の中からレース見てたんですか。入りたい誘惑に駆られました。
<< 高きび収穫 モロコシ刈り取り >>